舞台用化粧をお肌に優しく落とすクレンジング方法!

平田照樹堂 あれこれブログ

おすすめのクレンジング方法って?

お化粧の落とし方って意外に自己流だったり、昔からこの方法でしているから何となく同じ方法で…など、そんなに意識せずに落とされている方も多いと思います。

踊りをされている方も、師匠や先生方がしているから…といった感じでそのまま同じ方法で落とされていたり。

当然先代からのやり方を否定するようなことは一切しなくていいと思いますし、お使いの化粧品、お肌の個人個人の強さや年齢、そもそものお使いの化粧品との相性などもありますので、一概に”絶対このやり方がいい!”とか”絶対にこの方法はダメだ!”というのはありません。

ただ、やはり基本的なメイクの落とし方は皆様知っていただいた方がいいと思いますので、今回は舞台用メイクのおすすめクレンジング方法をお伝えいたします(^^)/

舞台用のメークは、お肌へのダメージが大きい?

お稽古でも舞台でも、普段使いのお化粧ではそこまで意識しなくても、白塗りにしたり顔だけでなく首や腕にもメイクをしてみたり…”ひょっとしたら踊り用メイクって普通のお化粧品よりも肌にダメージがあるんでは?”なんて思われる方もいてるかもしれません。

そんな疑問を抱く方にまず知っていただきたいのは…

「そんなことはありませんよ~」

ということ。

メイク用のお化粧でお肌へのダメージが大だとすると、毎日舞台に上がる役者さんや旅芸人の方、芸能人の方も大変なことになってしまいます。

当店で扱う舞台用の化粧品は現在”三善(みつよし)”様の化粧品一択です。化粧品を取り扱うようになってからずっと使っているというのもありますが、やはり舞台用化粧品の最大手の安心感もありますので。

そして現在はコロナの影響もあって開催されているかわかりませんが、数年前までは「化粧の説明会」のような形で、実際に三善社員の方から商品の使い方を丁寧に教えていただける講習会のようなものもおこなってくれていました。

ちなみに私も男性ながらこの三善様の化粧講習会に勉強を兼ねて参加させていただいたことがあります。

そんな三善様からいただいた資料なんかを見て、皆様にもメイクの落とし方をお伝えいたします。

簡単かつおすすめのクレンジング方法!

では早速書いていきたいと思います(^^)/

①浸透力のあるオイルタイプのクレンジングでポイントメークを落とします。(三善商品でいうとシャレナクレンジングオイル)

②クリームタイプの専用クレンジングを使って肌全体のメイクを浮かせる(三善商品でいうとステージクレンジングの洗い流しタイプや拭き取りタイプ、クリンシングクリーム)。

③スポンジタオルなどの肌に優しい成分のものを使って、②で浮いたメイクを素早く拭き取ります(三善商品でいうとフキトール)。

④残ったベタツキや、他の細かい部分を拭き取り用化粧水を使用して優しく拭き取ります(三善商品でいうとラストローション)。

以上です♪

文字で書いていくと手間暇かかるように見えるかもしれませんが、多くの方は自然とこういった流れで落とされているのではないかと思います。

もしこれから舞台用化粧を始められる方や、そんなに意識せずにこれまでクレンジングされていた方、ぜひ一度上記の順番を試してみてください。

ワンポイントアドバイス

普段使いのメイク落としはやはりナチュラルメイク用の製品になりますので、ステージ用のメイク落としには落とす力、浮き上がらせる力が不十分になっています。

”落とせない”というわけではありませんが、落とす力が弱いので、どうしても力を入れて落とすようになったり、擦る摩擦を何度も強く繰り返すことにより、お肌が炎症を起こしたりかゆみを起こしたりします。

そういったことを避ける為にも、舞台メイクには舞台メイク用のクレンジング製品を使用することをオススメしています。

まとめ

どうでしたか?これから何度もされるであろう舞台用メイク、少しでも皆様にとって楽しく、気持ちよく踊っていただければと思います。

当店ではたまたま三善様の化粧品を取り扱っていますが、メーカーはどちらの商品を使用していただいても大丈夫だと思います。皆様のご贔屓にされている化粧品、クレンジング商品を大切にご使用してくださいませ(^^)

今年は少しずつ踊りの会や舞台の機会が増えていくものと、期待も込めて思っています。

皆様にとってより良い舞踊の機会が訪れますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました